▼ MENU

最新記事一覧

離婚と慰謝料

◇2015年1月11日◇

離婚したら必ず慰謝料を請求できるわけではありません。離婚で慰謝料を請求できるのは、相手となる配偶者が不貞行為やひどい暴力などの離婚について責任がある場合(相手が有責な場合)です。離婚の原因が性格の不一致などである場合は慰謝料は発生しません。 不貞

協議離婚は夫婦が離婚届に署名捺印して役所に届け出ることで成立します。協議離婚ではなく、家庭裁判所の調停、判決や和解で離婚が決まった場合、離婚という法律上の効果は調停成立のとき、判決確定のときや和解のときに直ちに発生します。家庭裁判所で調停が成立した

不貞行為の法律問題

◇2015年1月8日◇

 不貞行為というのは、夫婦関係にある者が配偶者以外の相手と性的関係を持つことです。社会一般では、夫婦ではない恋人関係にある者が恋人以外の相手と性的関係を持ったときも「浮気」とか「不貞」と言われることがあります。しかし、ここで問題にしているのは民法第

日本では協議離婚が認められているので、離婚のうちの多くは協議離婚です。しかし、国際的にみると日本の様な国が多数派ということはなく、当事者の意思だけで行う協議離婚を認めていない国もたくさんあります。キリスト教などの宗教的教義によって離婚を原則として認

外国人と結婚している日本人が離婚しようとするとき、日本人どうしのように協議離婚ができれば一番簡単です。日本で協議離婚をするためには、まず、その離婚に日本の法律が適用されることが必要です。日本に住む日本人どうしが離婚するなら日本の法律で離婚するのが普


アーカイブ

2020

最新記事

横浜の離婚案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

お問い合わせはこちら

お電話の際には「ホームページを見た」とお伝えください。

*法律相談の予約をキャンセルするときは、キャンセル料は請求しませんが、別の予定が入れられないので、必ずキャンセルする旨電話してください。

 

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら