▼ MENU

最新記事一覧

平成27年6月12日東京高裁決定 判例時報2266号まず高裁の決定を紹介します。1 相手方(妻)は、本決定確定後、二カ月に一回、抗告人(夫)が○○宛に送付した未成年者らへの手紙を速やかに未成年者らに渡さなければならない。2 相手方は、抗告人に対し、

もう10年以上前のことだと思います。ある事件を交渉から始めて一年くらい経ったとき、偶然のことから事件の相手(当事者本人)がその依頼している代理人弁護士に対して支払っている金額が合計で200万円であることが分かりました。その同じときに私が受け取ってい

東京高裁平成30年12月5日判決 事案平成5年に夫Aと妻Bは婚姻し二人の子供が生まれました。その後、夫Aの実父であるCが高齢のために一人暮らしが困難となったため新たに購入したマンションで実父Cと一緒に暮らし始めました。BがCの日常生活の面倒をみる

別れさせ屋事件判決

◇2024年1月7日◇

大阪地裁平成30年8月29日判決男女関係を別れさせる「別れさせ屋」というものはネット上では噂として見かけますが裁判例にでてきたものがあります。男性A(依頼者)が、以前交際していた女性が出会い系サイトで別の男性と知り合い交際しているのを止めさせること

東京高裁令和3年4月21決定 判例時報2515号別居中の夫に対して妻が婚姻費用を請求したときに夫が失業していた場合、婚姻費用はどうなるのでしょうか。この点について判断した東京高裁の裁判を紹介します。   事案   妻(29歳 子供は1歳)は


アーカイブ

2023

最新記事

横浜の離婚弁護士のプロ・安田法律事務所NEWS
横浜の離婚案件につよい弁護士 安田法律事務所
法律相談は平日夜も対応

●JR関内駅徒歩5分
●30年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

横浜で離婚の法律相談のお問い合わせはこちら
045-651-9631

お電話の際には「ホームページを見た」とお伝えください。

*法律相談の予約をキャンセルするときは、キャンセル料は請求しませんが、別の予定が入れられないので、必ずキャンセルする旨電話してください。

 

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら