▼ MENU

スタッフブログ

「離婚,その他の問題」カテゴリの記事一覧

不貞行為の法律問題

◇2015年01月08日◇

 不貞行為というのは、夫婦関係にある者が配偶者以外の相手と性的関係を持つことです。社会一般では、夫婦ではない恋人関係にある者が恋人以外の相手と性的関係を持ったときも「浮気」とか「不貞」と言われることがあります。しかし、ここで問題にしているのは民法第

続きを読む

協議離婚を認めない国の人と離婚するときは裁判所を利用します

◇2015年01月04日◇

日本では協議離婚が認められているので、離婚のうちの多くは協議離婚です。しかし、国際的にみると日本の様な国が多数派ということはなく、当事者の意思だけで行う協議離婚を認めていない国もたくさんあります。キリスト教などの宗教的教義によって離婚を原則として認

続きを読む

外国人と日本で協議離婚できるか

◇2015年01月03日◇

外国人と結婚している日本人が離婚しようとするとき、日本人どうしのように協議離婚ができれば一番簡単です。日本で協議離婚をするためには、まず、その離婚に日本の法律が適用されることが必要です。日本に住む日本人どうしが離婚するなら日本の法律で離婚するのが普

続きを読む

外国人と離婚したいとき適用される法律は

◇2015年01月03日◇

外国人と離婚しようとするときに、一番最初に問題になるのは、その離婚事件に日本の法律が適用されるかどうかということです。日本国内でのことについては日本の法律が適用されるのが普通ですが、夫婦の中に外国人がいるときはその外国の法律の問題もあって複雑なこと

続きを読む

婚姻費用を請求できる期間は

◇2015年01月03日◇

別居して離婚の話合いをしているときに、相手配偶者に婚姻費用を請求しても任意に払ってもらえないときは、家庭裁判所に婚姻費用分担調停を申し立てます。その調停でも婚姻費用の金額が決まらないため家庭裁判所が審判で決める場合、通常は、婚姻費用分担調停事件を家

続きを読む

婚姻費用の合意ができないときには審判で決めます

◇2015年01月02日◇

別居している夫婦の話合いで別居中の婚姻費用の金額について合意できない場合、普通は、まず、家庭裁判所に婚姻費用分担調停を申し立てます。調停というのは裁判所で行う話合いですから、双方が合意しないと調停成立となりません。しかし、調停では調停委員が双方の収

続きを読む

婚姻費用の計算には算定表が使われています

◇2015年01月02日◇

離婚する前に別居していて、家庭裁判所に婚姻費用の分担調停または審判を申し立てた場合、家庭裁判所が具体的な婚姻費用の金額を決めるときは、今から10年ちょっと前に考案された算定表が広く使われています。これは、子供を育てている親の年収、婚姻費用を払う側の

続きを読む

地方都市で面会交流に立ち会った思い出

◇2015年01月02日◇

もう、今から20年くらい前のことです。離婚事件でもめて夫の方が家を出て小さな女の子と二人で生活し、妻から子の引き渡し審判や離婚調停等を申し立てられました。私は夫の代理人弁護士でしたが、その事案で、妻(母親)と子供との早期の面会を実現するために、関西

続きを読む

離婚の法律相談の難しいところ

◇2014年12月28日◇

離婚などの家事事件に関する法律問題に対して弁護士が回答するときに難しい点があります。それは、規範が必ずしも明確ではない場合があるという点です。規範というのはその法律問題に適用される法的なルールで、第一には法規(憲法、法律、条例など)が規範となり、次

続きを読む

熟年離婚,離婚したいと思う時期

◇2014年12月24日◇

離婚したいと思う時期 これまでに多くの離婚事件を扱ってきましたが,離婚したいと思う時期は人によりそれぞれです。しかし,子供が中学に入る,高校に入る,大学を卒業するなど,子供が大きくなった時期というのは,以前から考えていた離婚を実行に移す一つのきっ

続きを読む

離婚と配偶者の借金

◇2014年12月24日◇

離婚と配偶者の借金 住宅ローンの様に夫婦が承知して大きな借金をする場合もありますが、全く知らないうちに配偶者が借金していて、それが後で分かることがあります。お金を借りる人は、「ちょっと借りるだけ、すぐに返すから大丈夫。」「お金が足りないことを話し

続きを読む

浮気、不貞とは何のことか

◇2014年12月21日◇

社会生活では「恋人が浮気した」という話もよく耳にするところです。しかし、法律的には、浮気(不貞)というのは配偶者のある人(つまり「夫婦」)が配偶者以外の人と性的な関係を持つことをいいます。単に付き合っているだけの恋人関係であるときは恋愛は自由ですか

続きを読む

離婚届を勝手に出されそうなとき

◇2014年12月17日◇

離婚届を勝手に出されそうなとき 夫婦でもめた時に「離婚届」にお互いに署名捺印しておくことがあります。しばらくの間は「離婚届」があることを覚えているのですが、夫婦関係が落ち着いてくると、離婚届のことはすっかり忘れてしまい、その後、再び夫婦関係が悪化

続きを読む

離婚届けを偽造されたときにすること

◇2014年12月16日◇

離婚届の偽造と刑事責任 配偶者が勝手に離婚届を書いて役所に出してしまうことがあります。離婚届に相手に無断で相手の氏名を代書し押印して役所に提出した場合(役所では離婚届の外形が形式的に整っていれば、それを確認するだけで受け付けてしまいます)、有印私

続きを読む

« 前 123 次 »

アーカイブ

2020

最新記事

横浜の離婚案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

お問い合わせはこちら

お電話の際には「ホームページを見た」とお伝えください。

*法律相談の予約をキャンセルするときは、キャンセル料は請求しませんが、別の予定が入れられないので、必ずキャンセルする旨電話してください。

 

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら