▼ MENU

性格の不一致と離婚

投稿日: 2019年10月30日  | カテゴリ: 離婚,その他の問題

離婚の法律相談をするときは必ず離婚したいと言っている人の理由を聞きます。離婚の理由の中で多いものの一つが「性格の不一致」です。お話を聞いていると、これは結婚生活を続けていくのが難しいかもしれないと感じる場合もあり、相手が少し勝手なのかなと感じるときもあります。
性格が合わない夫婦の場合、日常生活のいろいろな場面で衝突し、それが耐えがたくなり離婚を決心して法律相談を受けることになります。相手の配偶者も同じような感情を抱いている場合も多く、そういう場合は話し合いで離婚が進むこともよくあります。
しかし、双方が離婚に合意している場合はいいのですが、相手が離婚を拒否している場合に性格の不一致を理由として離婚認容判決を得ることは難しいです。性格の不一致は離婚原因としては「婚姻関係の破綻」になりますが、「婚姻関係の破綻」を裁判で立証することが難しいのです。もし、法律相談のときに「婚姻関係の破綻」で裁判離婚することが簡単にできると言う弁護士がいたら、それは経験不足です。
相手配偶者に不貞行為がありその確定的な証拠がある場合や、日常的でひどい暴力が繰り返されていてその証拠が明白である場合などは勝訴判決を得ることも比較的容易です。大体、調停までで相手も離婚に応じることも多いです。
しかし、相手配偶者が離婚に応じない場合、「婚姻関係破綻」というのは法律の条文としても抽象的であり、その解釈適用は裁判所に委ねられています。「婚姻関係破綻」を勝ち取るためにはどれだけの証拠が必要か、それが明確ではないのです。過去の裁判例を見ればある程度の見通しは立ちますが絶対ではありません。
別居期間は婚姻関係破綻をするための大きな要素の一つとなりますが、これだけで離婚できるわけではありません。結婚してから別居するまでの経緯、別居した後の夫婦間の交流の有無程度などの経過をできるだけ詳しく聞いてそのうえで見通しを立てて準備していくことになります。別居期間中の婚姻費用支払いは義務ですので、そういう義務をきちんと果たしてきたかどうかも判決に影響します。
「婚姻関係破綻」だけで離婚しようとする場合は弁護士の労力もとても必要ですし時間がかかることも多いです。裁判離婚が難しいので極力、相手との合意で離婚できるように進めますが交渉事というのはそれぞれの立場が重要ですから合意を得るためにはある程度の譲歩を考えることも必要になります。
法律相談を通じて結婚生活の現状やこれまでの経緯を詳しく聞き、そのうえで今後、どうしていったら一番いいかを一緒に考えていくことになります。「性格の不一致」や「婚姻関係破綻」は細かい事実(エピソード)の積み重ねが長年続いて、とうとうこれ以上、夫婦関係を続けていくことが不可能となっていることを立証しなければなりません。
性格の不一致、婚姻関係破綻を理由としてすることは難しい離婚問題の一つです。
早めに法律相談を受けてみましょう。


アーカイブ

2019

最新記事

横浜の離婚案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

お問い合わせはこちら

お電話の際には「ホームページを見た」とお伝えください。

*法律相談の予約をキャンセルするときは、キャンセル料は請求しませんが、別の予定が入れられないので、必ずキャンセルする旨電話してください。

 

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら