▼ MENU

婚姻費用を請求できる期間は

投稿日: 2015年1月3日  | カテゴリ: 離婚,その他の問題

別居して離婚の話合いをしているときに、相手配偶者に婚姻費用を請求しても任意に払ってもらえないときは、家庭裁判所に婚姻費用分担調停を申し立てます。その調停でも婚姻費用の金額が決まらないため家庭裁判所が審判で決める場合、通常は、婚姻費用分担調停事件を家庭裁判所に申し立てたときからの期間に対する婚姻費用を、裁判所が認めるという扱いになっているのが通常です。

そうすると、結局、家庭裁判所を通じて婚姻費用をもらえる期間の始期は、調停を申立てた時となるので、早めに調停を申し立てておいた方が有利ということになります。「生活費がない」「困った」と言って悩んでいる時間は無駄になってしまいます。婚姻費用がいくらもらえるか?それは具体的な事案によって全く違います。しかし、双方の収入が大体分かっていれば、法律相談で、受け取ることのできる婚姻費用の一定の見込みをお教えすることができます。それが分かるだけでも安心できますし、これからどうすればいいか、今後の方針の目処がつきます。人が一番不安になるのは、これからどうなるのか予想がつかないときです。できるだけ早く弁護士に相談して、そういう不安を取り除きましょう。これからやるべきことが分かれば、手続の進み方が分かれば、少し安心することができます。弁護士は、あなたが安心することを助けることができます。

なお、婚姻費用をもらえる期間の最後は、別居を解消して同居したときか、または、離婚したときとなります。同居を始めれば婚姻費用の問題は無くなるはずですし、離婚した後はもう夫婦ではなくなりますから。当事務所では、婚姻費用分担調停事件も今までに数多く取り扱ってきました。お気軽にご相談ください。


アーカイブ

2023

最新記事

横浜の離婚弁護士のプロ・安田法律事務所NEWS
横浜の離婚案件につよい弁護士 安田法律事務所
法律相談は平日夜も対応

●JR関内駅徒歩5分
●30年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

横浜で離婚の法律相談のお問い合わせはこちら
045-651-9631

お電話の際には「ホームページを見た」とお伝えください。

*法律相談の予約をキャンセルするときは、キャンセル料は請求しませんが、別の予定が入れられないので、必ずキャンセルする旨電話してください。

 

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら